結婚指輪を探すなら

結婚指輪について

20代の結婚指輪の相場

20代の結婚指輪の相場 結婚する際に必要になってくるのが、「結婚指輪」です。最近は結婚の形もさまざまなので、式や指輪など用意しないという人も少なくありません。しかしやはりほとんどの人は、結婚指輪を用意する傾向にあります。
デザインやブランドも気になりますが、相場がどれくらいなのかわからない人も多いでしょう。特に若い20代は、金銭的にも余裕があまりない場合も多いです。婚約指輪は昔は給料3か月分などと言われていましたが、結婚指輪は意外と価格が低い傾向にあります。婚約指輪と違い毎日つけるものなので、シンプルで飾り気があまりないものを選ぶカップルも多いです。そもそも男性は付けない人もいるし、家事や育児の邪魔にならないミニマムなリングがお薦めです。予算的には10万円前後が多いです。いくら掛けるかは人それぞれなので、自分たちの気に入ったものを選ぶのが一番でしょう。お金にこだわりすぎず、いつまでも大切にできるものを選んでください。

30代が選ぶ結婚指輪の相場

30代が選ぶ結婚指輪の相場はどれくらい? 2人の愛の証として末永く身につけることになる、結婚指輪。お揃いの指輪をつけることによって、結婚したという事実をより実感させてくれる、2人にとって大切なアイテムですよね。結婚指輪には様々なブランドやデザインがあり、カップルの年代によって重要視する点や相場などが大幅に異なってきます。
20代に比べると収入が安定してくる30代になると、値段が高くても品質や好みのデザインで結婚指輪を選ぶ人が多いです。また、世間の目を気にしてか余りにも安い指輪は避ける傾向にあります。30代のカップルにおける結婚指輪購入価格は、大体20〜25万が相場です。30前半ではデザイン性が高くお洒落なもの、それでいて普段使いにも優秀なデザインが好まれています。一方で、35歳以上になると30前半よりも少し安めの指輪を購入する割合が高くなります。その理由としては、指輪は見た目よりも日常使いができるシンプルなものを選ぶ人が多いようです。